肉離れの治し方.com » 症状について

症状について

肉離れというのは、具体的にはどのような状態なのでしょうか。なんとなく知っていても、具体的にどのようなものかその詳細は知らないという人は案外多いです。

症状を知っていたほうが対応策も理解しやすいので、ここでは肉離れについてお話します。分かりやすいものとしては、まずは痛みがあります。また、肉離れが特に多いふくらはぎでは、内出血が起こることもあります。

酷い時には、ふくらはぎだけでなくアキレス腱のほう方にまで広がることもあるので、早い段階で内出血を抑える処置を行うことが重要になります。

よく応急処置で言われる、まずは冷やすというのは、血管を収縮させてこの内出血を防ぐための手段のひとつであるのです。

怪我の度合いとしては大きく三段階に分けられますが、一段階目とされる軽症では、痛みはあっても自力歩行は十分可能という状態が多いです。もちろん、無理をすれば悪化しますので、歩けるからと言って無理に歩くことはおすすめできません。

次に第二段階、中度とされる場合ですが、こちらは痛みはもちろん軽症の時より酷くなりますが、他に内出血が発生することがあります。

たとえそれほどひどく痛まない時でも、内出血が見られる場合には中度と判断して対応を行うようにしましょう。ここまできてしまうと、自力歩行は難しくなります。

最後に、第三段階、重症の場合です。筋肉が大きく断裂しているため、患部に陥没が確認できることもあります。

このような状態では当然自力歩行はほぼ不可能で、痛みも非常に大きいものとなります。また、ここまで来ると完全に断裂している場合がほとんどとなるため、治療期間は中度までの物に比べて倍かかると考えたほうが良いです。

重症であればまず医療機関にかかるので医師の診断で完治のタイミングがわかりますが、軽症・中度では自己判断で対応されてしまう人もいます。

しかしこのような自覚症状がなくても肉離れが起こっている可能性があるので、特に完治のタイミングについては、専門の医師の判断を仰ぐほうが安全です。