肉離れの治し方.com » ドアのバリアフリーリフォームを考える

ドアのバリアフリーリフォームを考える

一般的な洋式のドアの場合、まずノブを掴んで回し、それから押すか引くかしないといけません。ですが手の力が入らなくてノブがつかめない、回せない。

また、足腰が弱くてドアを押し引きする際に自分も動かなければならないのが辛い。あるいは車椅子の場合、押して開けるのも引いて開けるのも大変な労力になるでしょう。

ですが最近ではノブ自体を持たなくても、近くにある画面をスライドさせるだけで開閉をするということが可能になっています。それでは締めるときはそうするのかということですが、こういうタイプのものは勝手に閉まります。

ですから、開けて通ったら後は勝手にしまるのです。しかしスライド型というのはかなりスペースが必要になってしまいますので、バリアフリーリフォームをするにしても、設置でjきる場所が限られてしまいます。

ですから、またそれに変わって折りたたみ式というものが登場しました。これならば省スペースで設置が可能です。もちろんこれをリフォームで導入することもできます。

病院や公共機関では、このスライド型や折り畳み型が主流になってきています。これからのドアは押したり引いたりではなく、横へ開くというのが主流になっていきそうですね。

一般家庭においてもこの手のドアは積極的に使われるようになっています。これから、こういったスライド式のドアを導入するリフォームも増えていくことになるでしょう。