肉離れの治し方.com » ブロック注射後の運動について

ブロック注射後の運動について

ブロック注射をしたあとに、何もしないとせっかくの治療も意味がありません。だから、ブロック注射をした後には、運動をしたほうが良いでしょう。それで体が健康状態に近づけることができます。

この治療の効果が効いている間は、基本的には痛みは抑えられていますね。個人差によっては痛みが完全には消えない場合もありますが、基本的には痛みが無く、少し違和感があるくらいでしょう。

そのような状態時に体を動かすのが良いですね。ブロック注射をしてからすぐは、キツいものは避けるべきですが、ある程度慣れることが出来れば体を動かしていった方が良いです。

ただし、無理をし過ぎるのは厳禁ですよ。ここで無理に体を痛めつけても意味がありません。それに、ブロック注射の効果が切れた後に悪化している場合もありますので、やり方は注意してください。

基本的には、病状の部位が傷めないのが理想です。そして、しっかりと部位近くを鍛えられていれば良いですね。上手く行けば完治後は、再発しない健康的な体にすることが出来るでしょう。

だから、この時に体を動かすことが大事なのです。ちなみに、普通のものでも良いのですが、専門家の知識を聞いておこなったほうが、効果が高いので専門医に相談してみると良いでしょう。また、その病状に詳しい人に聞いてみるのも良いですね。

上記で説明したようにブロック注射後に体を動かすのは良いことですが、それは病状の進行具合によってはやってはいけないので注意してください。

ただし、病状が初期段階から中期後半まで越えてしまっている場合。末期状態や病状のスピードが速い場合は、動くのは控えて専門の治療を受けたほうが良いでしょう。

判断などは、専門医にまかせてもらった方が良いです。下手に自分で判断すると治療が失敗する場合があるので注意しましょう。

このようにブロック注射の後に運動をするのが良いです。ただし、よく考えてするようにしてください。治療が失敗すると病状が悪化します。