肉離れの治し方.com » 体操で治すことが出来る脊柱管狭窄症

体操で治すことが出来る脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症と呼ばれる腰痛や痺れなどを伴い歩きにくくなってしまう病気を知っていますか? 近年では芸能人のみのもんたさんなどがこの病気で手術を行っています。

これはその名の通りの病気で脊柱管と呼ばれる部分が狭くなってしまうことにより症状が出てくる病気です。脊柱管と呼ばれる部分には神経などがあるためそれが圧迫されてしまうことにより腰痛やしびれなどの症状が出てしまうのです。

重症化してしまうと排泄障害なども起こってしまうので出来るだけ早く対応することが大切になってきます。ではこの脊柱管狭窄症になってしまった場合には必ず手術を行わなければならないのでしょうか?

実はこの脊柱管狭窄症は手術をしても必ず治るとは限らないのです。手術をしても痛みが残ってしまったり、しびれなどが続いたりすることもあるのです。

そうなると出来るだけ手術をせずに改善したいと思いますよね。手術など以外には薬などを使った方法もありますが、これもやはり体に負担がかかってしまうものです。

そこで、最近脊柱管狭窄症の治療方法として編み出されたのが体操で出来る脊柱管狭窄症の治療です。自宅などでも出来る体操を行うことによって痛みや痺れなどを和らげることが出来るのです。

こういった方法はより手軽にできてしっかりと治すことが出来るものです。脊柱管狭窄症の症状は脊柱管が狭まり血流が悪くなることで起こっていることもあります。

そこで、体操などを行うことにより血流を良くすることで痛みや痺れをしっかりと和らげることが出来るのです。こういった方法は今では通常の病院などでも行っています。

なので、脊柱管狭窄症になってしまった場合にはまず医師としっかり相談して体操で解決できそうな場合はこういった体操を使った方法で改善していくようにしましょう。まずは医師と相談するということも大切なことです。