肉離れの治し方.com » 肉離れと太ももについて

肉離れと太ももについて

肉離れというのは筋繊維が傷ついたり断裂する状態を指すものですから、足以外で起こることもあります。しかし肉離れといえば足という印象があるとおり、最も症状が起こりやすいのは足です。特に、太ももはこの怪我の発生箇所として70%以上を占めているそうです。

また、それだけ多くがこの部位で発症するということは、再発の可能性も高いという事です。また、良く使う場所でもあるため、治療期間にも長い時間がかかります。

その原因には柔軟性の不足が、主なものとして挙げられます。ストレッチが足りない状態でスポーツを行ったりすると、筋肉がほぐされていない状態で負荷がかかり、肉離れに繋がるのです。

日常生活の中でも起こる場合はありますが、やはり、スポーツをしている人に特に多いです。サッカーや陸上競技、バスケットボールなど、足を使う競技は要注意です。

一度起こってしまうと完治までは非常に時間がかかりますので、普段から運動前の柔軟やウォーミングアップをしっかりと行い、予防しておくことが一番でしょう。

予防方法にはそれらのストレッチに加えて、普段から足を使うことを意識した生活をすることがおすすめです。これは、スポーツをしている人に限りません。

スポーツをしていない人でもこのような怪我は起こることがありますので、普段から歩ける距離は歩いて移動するようにしたり、マッサージやストレッチをこまめに行ったりと、筋肉がガチガチに固まらないようにすると良いです。

なってしまった場合には、最初は安静と冷却で腫れや出血を抑制し、その後は温熱療法とマッサージや、テーピングなどで筋肉を温めて柔らかくすることで症状を改善させることができます。

また、テーピングは治療方法としても使えますが、予防としても有効です。特に、一度起こしてしまった場合、また再発しやすい部位ですから、再発の予防としてスポーツをする時にはテーピングを習慣化させるのも良いでしょう。