肉離れの治し方.com » 腰痛を改善する

腰痛を改善する

腰痛改善にはいろいろありますが、個々に合った方法を見つけることが大切です。まずは薬による改善です、一般的に腰痛や肩こり等には外用薬と言われる湿布や塗り薬等があります、湿布にも温湿布、冷湿布と違いがあります。

温湿布は慢性的な腰痛の場合に行います、逆に冷湿布は急性的な症状で炎症があるような場合に行うものです。

中高年になりますと、たまに激しい運動を行うことで腰を痛めることもありますが、そういった場合は腰を冷やして炎症を抑えることが必要です。炎症が落ち着いてきたら温シップにより温めるようにしましょう。

また湿布のような外用薬による治療は、症状を一時的にやわらげることはできますが、あくまでも一時的な効果になります、効果が切れたら症状があらわれてしまいます。

外用薬とは違い、体の中から症状の原因に対して直接的に治療を行い、内部から良くする内服剤による治療もあります、即効性はありませんが、内部から原因を取り除き、その他自然治癒力を高めたりする効果もありますので、こちらも効果的です。

腰痛改善には普段の生活でもちょっとした工夫をすることで腰痛に効果があります。まずは姿勢です、腰痛の方には姿勢が悪い人が多いです、特に毎日のオフィスワークでほとんど座っているような場合は注意が必要です。

なぜなら座っているときのほうが腰にかかる負担が大きいのです、椅子に座る場合ですが、後ろによりかかるより腰椎が軽く前に曲がった姿勢が良いとされています。

その為には適切な椅子の高さと固めのシート及び背もたれが必要です。姿勢が悪いとよくなってからもまた再発したりしますので、意識的に姿勢を良くするように気をつけましょう。

入浴方法ですが、あまり熱くないぬるめのお湯で胸のみぞおちあたりまで浸かります。そして、状態をそらしたまましばらく10分程度つかります。

湯からあがったら、湯冷めしないように十分に水分をふき取って保温しましょう。こういった日々の努力で腰痛をある程度改善することはとても大切です。