肉離れの治し方.com » 頚椎ヘルニアの治療

頚椎ヘルニアの治療

頚椎ヘルニアは、首に負担をかけないという保存的な療法が行われることで、外科手術などは最終的な手段として考えられています。

頚椎ヘルニアでは投薬などが用いられることもあり、非ステロイド系の鎮痛剤やビタミン剤などが使用されることがあります。

腰椎の椎間板ヘルニアとは違い、神経根が全身に張り巡らされている頚椎は、より慎重な治療が必要で、影響も首、肩と限定的な場合から、指先から全身に至るまで、患者の状況によって影響が大きく違います。

頚椎ヘルニアでは一般的に、保存的な療法を行うときは、まず普段の生活で首に掛っている負担を減らすように心がけます。

長時間、同じ姿勢で作業を続けているような場合、首や肩に過度の負担がかかり、慢性的な頚椎ヘルニアを引き起こしている可能性があります。

業務でデスクワークなどをしている場合、作業自体を一度中断する、時間を取って休息する、などを心掛けるようにしてください。

また、頚椎ヘルニアでは薬物治療として、非ステロイド系消炎治療剤や、ビタミン12などの投薬、筋弛緩剤などを用いることもあります。

精神的に痛みや、病状が続くことで不眠などに陥るようなときには、抗うつ剤が用いられることもあります。

急性期で痛みが激しいときには、ステロイド剤を使用することもあります。

また、病状が深刻なときは、首を固定する頚椎装具を用いることもあり、長期的な安静が必要になることがあります。

このような症状の場合、外科手術以外では根治が難しく、治療自体が長期化、慢性化することもあります。

また、腰椎椎間板ヘルニアとは違い、首を動かすなどの運動をすることによって、必ずしも病状が改善するとは限らず、さらに悪化する危険性もあるので、現在は明瞭な代価療法が見つかっていません。

頚椎ヘルニアの手術自体は、代価療法を行うことが難しいため、患部をさらに痛めないように、長期的な保存療法によってケアしていく意識がことを、患者自身も自覚する必要があります。