肉離れの治し方.com » 椎間板ヘルニアに有効な神経ブロック注射

椎間板ヘルニアに有効な神経ブロック注射

椎間板ヘルニアの治療には一つの方法として、神経ブロック注射というものがあります。

神経ブロック注射とは、神経の伝達路に局所麻酔の薬を注入することで、痛みの信号が伝達されることをとめてしまう、つまりはブロックしてしまうというもので、そうすることで血流を良くして筋肉の緊張を緩めてしまおうという効果も持ち合わせています。

局所麻酔の薬は作用する時間が数時間程度でしかないのですが、これは一時的な効果でしかないということではなく神経ブロック注射を受けることによって長時間痛みが止まることがあるのです。

これは数時間の間に今まで感じていた痛みを遮断することによって神経遮断の効果がなくなったあとでも、患部の状態は神経ブロック注射を受ける前とでは異なっている状態にまで回復しているというように考えられています。

神経ブロック注射は、硬膜外ブロックというものや神経根ブロックといったように種類があります。腰痛や下肢痛に対して、硬膜外ブロックで用いられる局所麻酔薬でブロックすることでそれぞれの疼痛の感はや血行改善が期待されています。

この硬膜外ブロックにはさらに仙骨部硬膜外ブロックと腰部硬膜外ブロックがあります。仙骨ぶ硬膜外ブロックは、腰堆椎間板ヘルニアがほとんどの場合、下位腰椎なので、まずはこの部分をブロックすることを行ないます。

尾底骨部から仙骨と呼ばれている尻の骨の最下部に硬膜外腔につながった穴があって、その部分から局所麻酔の薬を注入していきます。

腰部硬膜外ブロックは上位腰椎の椎間板ヘルニアに対して行なわれます。背骨と背骨の間に神経ブロック注射の針を刺して、硬膜の手前まで針を入れてやり、局所麻酔の薬かステロイド剤を注入していきます。

このようにその症状によって、その症状に適した方法の神経ブロック注射が行なわれるのです。