肉離れの治し方.com » 腰痛とヘルニアの症状

腰痛とヘルニアの症状

腰痛とヘルニア、同じようなものだろうとたかをくくるのは危険です。まったく、同じではありません、後者は腰痛がかなりひどくなったものと考えていいと思います。

デスクワークで毎日座りっぱなしの人や車を長時間運転する人で、姿勢が良くない人は、筋肉や靭帯の疲労によるものが多いです、この場合は病院での検査で特に異常がみられないことが多いです。

そういった場合は、安静にし、腰に負担がかからないように生活すれば、比較的短期間で改善されます。

その他、加齢による骨、関節、椎間板が変形することで起こる場合などもあります、筋肉や靭帯が衰えてきたことが原因なので、適度な運動やマッサージ等で筋力トレーニングをすることである程度改善されます、腰痛運動なども紹介されています、ウォーキングも良いようです。

一般的、頻度の高い腰痛の原因はこのようなものですが、ヘルニアによる場合にはどんな症状があるのでしょう?

まずは腰の痛み以外の症状があるということです。下肢痛や臀部から足にかけての激しい痛みがある(せきやくしゃみ程度でも痛む)・坐骨神経痛・腰から足先にかけてしびれが出る・感覚障害・筋力低下等、神経系に影響がでます、これが普通の腰痛と大きく違うところです。

ひどくなると日常生活に支障がでます、立っているのが辛かったり椅子に座っているのも辛い、立ち上がるのが辛い等、普通の動作すら困難になります。

この原因は、加齢による椎間板の老化や骨の老化、姿勢の悪さによる背中のゆがみ等が考えられます。

具体的には背骨のクッションとなっている椎間板に亀裂が生れ、中にあるゼラチン状の物質髄核と呼ばれるものがはみ出してしまい、脊髄の神経やいろいろな神経根を圧迫することで、様々な症状が発生します。

この場合、手術による治療より保存療法による改善が一般的です、手術するにはリスクの高い場所なのです。保存療法としては神経ブロック注射によるものなどが最近注目されているようです。