肉離れの治し方.com » 食べて健康に

食べて健康に

巷で紹介されている健康法の中には食事に関する健康法も多く含まれています。そうした健康法の中には一定の食材を集中して食べるようにしたり、逆に特定の栄養素を取り過ぎないために一部の食材のし世湯を控えるなど何かしらの縛りを食事の中に加えるものがあります。

しかしそうした食事療法を行うと好きなものが食べられなくなったり逆にあまり好きではないものを何度も食べることになったりすることも珍しくありません。

そんな健康法を真っ向から否定して食べたい時に食べることで健康になる健康法が近年新たに誕生しました。

食べたい時に好きなものを食べる。一見するとまったくもって健康の事など考えず、やりたいことをやろうとしているだけのように見えますが、この食事法は何より心の事を考えた食事法といわれています。

好きなものを食べることが出来なかったり、同じような食材を食べ続けて飽きが出てきたとき人間は少なからずストレスを抱えることになります。

特に食事は人間の三大欲求に含まれるような根源的な欲求です。これが満たされないというのは非常に大きなストレスなのではないでしょうか。

ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れていき最終的には身体が不調を訴え始めます。こうなると代謝機能がダウンして老廃物や余計な脂肪の排出が上手くいかなくなったり、ストレスによって食事の力が増えたりなど身体にはあまりよろしくない結果につながります。

好きなものを食べればそんなストレスを抱えることは当然無いので、むしろ身体に良いというのが好きなものを食べる健康法が効果があるという理由だそうです。

しかしいくら好きなものを食べ続けてよいといっても食べすぎは禁物です。あくまで適量をストレスを感じることなく食べるのがこの健康法のポイントなので、必要以上に食事を取ってしまうと余分な栄養素が排出しきれずに残ってしまいます。この健康法を試す時はその点を忘れないようにしておきましょう。