肉離れの治し方.com » 脊柱管狭窄症と保存療法

脊柱管狭窄症と保存療法

腰痛で悩まれている方、中でも脊柱管狭窄症で悩まれている方も最近では多いようです。この脊柱管狭窄症について、どのような有効な治療法があるのかお伝えしていきたいと思います。

まず、脊柱管狭窄症には様々なパターンがあります。脊柱管が狭くなり神経が圧迫されて生じる場合と椎体が前方にずれる脊椎すべり症というパターンです。

治療法としては大きくわけて2つのパターンとなりますが、そのうちのひとつが保存療法です。まずはこちらの治療が先におこなわれる場合がほとんどです。

保存療法には、薬物治療や器具治療、神経ブロック注射などがあります。薬物治療では、痛みにたいしては、消炎鎮痛剤が用いられ、痺れにたいしては、ビタミンB12製剤が用いられます。

歩行障害がある場合は、血液循環を良くするプロスタグランジン製剤が使われます。器具療法では、コルセットなどで腰を固定します。腰を伸ばすと痛むため、前屈みの状態で固定するようです。

腰を伸ばすことが防げるので、神経への刺激が軽減されるようです。神経ブロック注射では、薬物療法で効果がなかったりした場合によく行われるようです。

神経やその周辺に局所麻酔やステロイド薬を注射することで、痛みや炎症をおさえます。ブロック注射の中には、硬膜外ブロックと神経根ブロックの2つの方法があります。

ですが、ブロック注射は一時的に痛みを抑えているにしか過ぎませんので、残念ながら根本的な治療にはならないようです。

脊柱管狭窄症を改善するには継続的な治療と必ず治して見せるという根気が必要になってくるようですので、最後まで諦めずに治療を続けていってください。